生命保険は慎重に考えるべき

生命保険について相談を受けた。そもそも生命保険がわからないので何に入ってい良いのかわからないということだった。個人年金保険や養老保険というものは考えていたらしい。つまり、この人は、生命保険で老後の貯蓄をしようとしていたわけである。正直なところ、今の時期に個人年金保険に加入するのは避けた方が良い。もしも、個人年金保険に加入するのであれば、確定拠出年金を勧める。そして実際に確定拠出年金の話となったのである。

昨年の暮れに、個人年金保険に駆け込み需要があったようだ。生命保険料控除の控除額が変わるからということらしい。昨年までは一般生命保険料控除と個人年金保険料控除で各5万円ずつ合計10万円だったものが、今年からは、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除、医療介護保険料控除が各4万円の合計12万円になったのである。個人年金保険料控除だけ見れば、5万円から4万円に下がったことになる。この下がる前に契約をしようとしていたわけだ。

ただ、これは短期的な視点でしかない。個人年金保険料控除が1万円変わるだけで、税金の還付がどれくらい変わるかを考えてみればよい。10%で1000円、20%でも2000円である。一方で、生命保険会社と長期固定金利での運用契約をしたようなものだ。今は、超低金利である。消費者にとっては一番不利な時に金利を固定したようなものである。だから、自分は個人年金保険は避けるべきという話をしたのだ。無論、損をするわけではないけれども。

Share on Facebook
[`google_buzz` not found]
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]