生命保険に加入するということ

生命保険にはいろいろな活用の仕方がある。自分に万が一のことがあった場合の保障であったり、資産形成のためであったり、相続対策のために利用したりする。多くの人は、保障か資産形成のためなのであろう。しかし、今は、生命保険で資産形成をするべきではないと思う。特に個人年金保険などは契約をする時期ではない。個人年金保険自体が割るというわけではないのであるが、時期が悪いということである。もう少し様子を見た方が良い。

もしも、今、生命保険に加入するのであれば、保障を考える程度であろう。しかし、この時に、生命保険に加入することを前提にしてはいけない。なぜならば、生命保険はあらゆる金融商品の一つでしかないからだ。つまり、他の金融商品を含めて生命保険というものの位置付けを考えなければならないのである。生命保険はあくまで貯蓄の補完であり、主役ではない。つまり、貯蓄で賄うことができれば、生命保険に加入する必要がないのである。

このことをきちんと理解しておかないと、生命保険貧乏になってしまう。安心感を得たいがために、生命保険にどんどん加入してしまうという状況である。これは本末転倒だ。万が一の時に充実したいがために日々の生活を削っているという状況になっているのである。生命保険の見直しを相談に来る人の半分はこのような状況に陥っている。自分がどのような状況なのかわかっていないということである。生命保険を見直す時は、まず、ライフプランを見直すべきである。

Share on Facebook
[`google_buzz` not found]
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]